池袋・文京・群馬で矯正治療を行なう歯科、クリア矯正歯科グループ│裏側矯正

Lingual 裏側矯正 裏側矯正

裏側矯正とは

裏側矯正とは

最も一般的な矯正治療の方法は、1本の歯に対して1つ、ブラケットという装置をつけ、そこにワイヤーを通して歯を動かすものです。これを『マルチブラケット法』といい、「矯正治療」といわれて多くの方がイメージする方法です。
この装置は、通常歯の表側につけるので、『表側矯正』といわれています。
どのような症状にも適用できる優れた装置ですが、装置が外から見えるので、審美面でのマイナスイメージがあります。

『裏側矯正』は、このブラケットとワイヤーを歯の裏側につける方法です。『舌側矯正』や『リンガル矯正』ともいわれ、装置を外から見られることなく治療できるのが特徴です。
「装置が見えると恥ずかしい」「人前に出る仕事なので装置が見えない方がいい」と、矯正治療中の見た目を気にされる方でも、審美面でのデメリットを感じず治療を進められます。

裏側矯正のメリット・デメリット

裏側矯正には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

裏側矯正のメリット

装置が見えない

装置を歯の裏側につけるので表から見えず、矯正治療中であることを周りの人にほとんど気づかれません。

前歯を引っ込めやすい

奥歯を固定源として前歯を後ろに動かす場合、表側矯正では、前歯が後ろに動かず奥歯が前に動いてしまうことがあります。
裏側矯正では、装置によって奥歯が動きにくくなり、前歯がきちんと後ろに動くので、引っ込めやすくなります。

舌癖を防止する

食べ物を飲み込むときや発音するときに、歯の裏側を舌で押す『舌癖』という癖があると、歯の移動の妨害や後戻り(歯が少しずつ治療前の状態に戻ること)の原因となります。
裏側矯正では、歯の裏側を舌で押そうとしても、装置があって舌がそれを避けるので、舌癖の防止になります。

虫歯になりにくい

唾液には殺菌作用があり、歯の裏側で常に循環しているので、細菌が増えにくくなっています。
装置がついているので、歯磨きしにくくはなりますが、虫歯を発症しにくくなります。

エナメル質を傷つけない

表側矯正では、装置を外すときに歯の表側のエナメル質(歯の表面)を傷つけてしまうことがあります。
裏側矯正では、装置を歯の裏側につけるので、表側のエナメル質を傷つけることはありません。

スポーツで唇を傷つけない

スポーツ中に口元に衝撃を受けても、装置が歯の裏側についているので、唇を傷つけることはありません。

ホワイトニングできる

矯正治療中でも、ホワイトニングを受けられます。

裏側矯正のデメリット

違和感がある

装置が裏側についているので、舌に装置が当たり違和感を覚えますが、装置をつけてから約1~2週間で慣れてきます。

発音しづらい

一時的に話しにくさを感じたり、舌が歯の裏側に当たるさ行、た行、ら行の言葉を発音しづらくなったりしますが、装置をつけてから約1~2ヵ月で慣れてきます。

治療費が高額になる

歯の裏側はでこぼこした複雑な形状をしているので、その方に合ったオーダーメイドの装置が必要です。また、特殊な技術が必要になり、作業に時間がかかるので、表側矯正よりも治療費が高額になります。

  • 裏側矯正
  • 裏側矯正
ページ
トップへ