池袋・文京・群馬で矯正治療を行なう歯科、クリア矯正歯科グループ│矯正治療

Orthodontic 矯正歯科 矯正歯科

矯正歯科とは

矯正歯科とは

出っ歯、受け口、八重歯、すきっ歯などといわれる悪い歯並びを、『不正咬合』といいます。
口元は人に与える印象を大きく左右します。きれいな歯並びには清潔感があり、好印象を与えますが、不正咬合だと口元や輪郭が独特な形状となってしまうので、どうしてもそこが注目され、あまり良い印象を与えません。

また、周りの人とのコミュニケーションは、日常生活を送るうえで欠かせないものですが、不正咬合の方は歯並びの悪さに注目されてしまうので、「見た目をからかわれる」「話すときは手で口を隠す」「口を開けて笑えない」など、コミュニケーションにストレスを感じることが多くなります。

そのような不正咬合を治療するのが、『矯正歯科』です。
『矯正装置』を歯につけ、数年かけて少しずつ歯を動かすことできれいな歯並びへと改善でき、独特な形状となっていた口元や輪郭が整います。

装置には、歯の表側につける一般的なものから、表側から見えない・透明で目立たない審美性に優れたものなどさまざまな種類があるので、患者さまの症状、ご希望、ライフスタイル、ご予算などをお伺いし、最適な装置をご提供します。
歯並びや口元の形状でお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。

矯正治療の必要性

矯正治療は、きれいな歯並びへと改善するためには欠かせないものですが、審美面だけでなく機能面の改善にもさまざまな効果があります。

虫歯・歯周病の予防

虫歯・歯周病の予防

不正咬合で歯並びがでこぼこになっていると、歯磨きのときに細かい部分まで歯ブラシが届かなかったり、磨きにくかったりするので、磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病の原因になります。
しかし、矯正治療を行なうことできちんと歯磨きできるようになり、虫歯や歯周病の予防につながります。

全身の健康の回復・維持

全身の健康の回復・維持

不正咬合だと噛み合わせが悪くなり、食べ物をきちんと噛めないまま飲み込むので、消化器官に負担がかかります。
また、身体のバランスが崩れるので、頭痛・めまい・耳鳴り・肩こり・腰痛・不定愁訴(「何となく体調が悪い」という明確な原因の見つからない不調)など、全身の健康が損なわれます。
しかし、矯正治療を行なうことで身体への負担が軽減され、バランスも整い、全身の健康の回復や維持につながります。

このように、矯正治療は審美面だけでなく機能面の改善にも必要な治療であり、口と全身の健康を保つためにも大きな意味があります。

矯正治療の流れ

矯正治療は、一般的に以下のような流れで行なわれます。

  • カウンセリング

    初診時に、治療の必要性・適切な開始時期、予測される治療方法・装置、治療期間・費用など、矯正治療の概要をご説明します。
    不安や疑問などがありましたら、お気軽にお話ください。

  • 精密検査・診断

    顔面写真撮影、口腔内写真撮影、パノラマX線写真(口の中全体を撮影するX線写真)撮影、頭部X線規格写真(一定の規格のもとに撮影する頭部のX線写真)撮影、歯型採取などを行ないます。
    これらの検査結果をもとに、診断や治療計画の立案を行ないます。

  • 治療計画の説明

    患者さまに合った治療内容・期間・費用などを詳しくご説明します。
    治療方法や装置を選べる場合は、それぞれのメリット・デメリット、治療期間・費用の違いなどについてよく確認し、理解・納得して選ぶことが大切です。

  • 歯磨き指導・クリーニング

    虫歯や歯周病を予防するための歯磨き指導やクリーニングを行い、良好な口腔衛生状態を維持することの重要性をご説明します。

  • 装置の装着

    装置を装着します。治療の段階によって、通院頻度は異なりますが、3~6週間に1回のペースで通院していただきます。

  • 保定

    装置を外します。
    そのままにしていると、歯が少しずつ治療前の状態に戻ってしまう『後戻り』が起こってしまうため、リテーナー(保定装置)を使用していただきます。2~6ヵ月に1回のペースで通院していただき、少しずつ間隔をあけていきます。

使う装置などによって、治療工程や各工程でかかる時間などが異なるため、治療でかかる時間につきましては、担当の歯科医師にお尋ねください。

スタンダードエッジワイズ法

スタンダードエッジワイズ法とは

スタンダードエッジワイズ法とは

当院では、『スタンダードエッジワイズ法』という矯正治療の方法を導入しています。これは、それぞれの患者さまに合わせてワイヤーを曲げ、歯につけるというものです。
マウスピース矯正などもそれぞれの患者さまに合わせて装置をつくりますが、装置の作製は技工所などに依頼します。それに対し、スタンダードエッジワイズ法は、口の中、歯の大きさ、歯の傾きなどの情報をもとに、その方の歯列の形に合わせて歯科医師自身がワイヤーを曲げ、その患者さまに合った装置をつくり上げます。そのため、『オーダーメイド矯正』ともいわれています。
歯科医師の意図したように歯を動かすことができますが、通常の『マルチブラケット法』では行なわない立体的な調整であり、高度な技術を要します。

スタンダードエッジワイズ法のメリット・デメリット

スタンダードエッジワイズ法には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

スタンダードエッジワイズ法のメリット
  1. あらゆる症例に適用できる
  2. 歯科医師の意図したようにコントロールできるので、きれいに仕上がる
スタンダードエッジワイズ法のデメリット
  1. 矯正治療の基本から応用まで、知識と経験がないと意図したように歯をコントロールできない。
  2. 完全なオーダーメイドの治療であり、高度な技術を要するので容易にはできない

マルチブラケット法との違い

通常の矯正治療は『マルチブラケット法』という方法で行ないます。これは、1本の歯に対して1つ、ブラケットという装置をつけ、そこにワイヤーを通して歯を動かすものです。
このマルチブラケット法には、以下のように『スタンダードエッジワイズ法』と『ストレートワイヤー法』があります。

スタンダードエッジワイズ法(オーダーメイド矯正)

歯科医師自身がそれぞれの患者さまの歯や歯列に合わせてワイヤーを曲げ、噛み合わせを確認しながら調整するので、オーダーメイド矯正ともいわれます。
それぞれの歯に合わせてワイヤーを調節するので、高度な技術とセンスが要求されます。

ストレートワイヤー法

ブラケットに平均的な歯の凹凸、傾き、ねじれなどの情報が組み込まれており、そこに既成のアーチ型のワイヤーを通して調整します。
既成のワイヤーを使うので、歯科医師が扱いやすくなっていますが、歯の形状はそれぞれの患者さまで異なるので、平均値をもとにつくったブラケットやワイヤーが合わない患者さまもいます。

ページ
トップへ