池袋・文京・群馬で矯正治療を行なう歯科、クリア矯正歯科グループ│小児矯正

Pediatric 小児矯正 小児矯正

小児矯正とは

小児矯正とは

『小児矯正』は子どもが受ける矯正治療で、永久歯が生え揃う前や、永久歯が生え揃った後すぐに行なうものです。
成長期にある子どもは、身体はもちろん、顎の骨も成長します。そのタイミングで矯正治療を行なうことで、歯だけでなく、まだ軟らかい顎の骨を動かし、正しい位置になるように顎の大きさやバランスをコントロールできます。それにより、将来、正しい歯並び・噛み合わせになる可能性が高くなります。

矯正治療は、きれいな歯並びへと改善するためには欠かせないものですが、虫歯・歯周病の予防や、全身の健康の回復・維持など、審美面だけでなく機能面の改善にも必要な治療です。
小児矯正は、将来、口と全身の健康を維持するためにも、大きな意味があります。

お子さまの歯並びや噛み合わせが気になるという方は、ぜひ当院にご相談ください。

小児矯正の特徴

小児矯正には、治療する時期や使う装置に、『成人矯正』とは異なる以下のような特徴があります。


治療時期

治療時期

小児矯正は、顎の骨の大きさやバランスを整える『1期治療』(骨格矯正)と、歯の位置を整える『2期治療』(歯列矯正)からなります。

1期治療(骨格矯正)

将来に正しい歯並びや噛み合わせにするための“位置決め”を行なうもので、成長期にある子どもだからこそ効果が現れる治療です。目安となる年齢は、3~12歳ごろです。
位置決めで、6歳臼歯(6歳前後に乳歯の奥から生えてくる永久歯)といわれる奥歯を基準にして、正しい噛み合わせをつくります。これにより、永久歯を抜かずに歯並びを整えることや、出っ歯や受け口を予防できる場合があります。

2期治療(歯列矯正)

1期治療で顎の骨の大きさやバランスが整い、永久歯がきれいに並ぶ土台ができるので、2期治療を行う必要がなくなる場合があります。1期治療であまり効果が得られなかった場合、2期治療を行ないますが、部分的な矯正治療で済むことがほとんどです。目安となる年齢は、10歳ごろ~成人後です。
また、もし不適切な生え方をしそうな永久歯が見つかっても、完全に生え終わり、顎の骨の成長が止まってから治療を始める方が効果的な場合もあります。


装置の種類

装置の種類

小児矯正で使う装置には、取り外しできる可撤(かてつ)式装置と、取り外しできない固定式装置があります。 年齢や症状などから、最適な装置をご提供します。

可撤式装置

【床矯正】

顎が小さくて歯がきれいに並びきれない場合、歯列を広げてきれいに歯を並べる装置です。ねじがついているので、約1週間に1回、ねじを回して歯列の幅を広げ、歯がきれいに並ぶスペースを作ります。
装着時間が長いほど効果的です。


【機能的矯正装置】

出っ歯を改善する装置です。
学校から帰宅後、翌朝までつけていただきます。装着時間が長いほど効果的なので、休日や自宅にいるときは、長めにつけましょう。


固定式装置

【マルチブラケット装置】

歯1本1本をきれいに並べる装置で、一般的には2期治療で使います。
小学生の子どもであれば、永久歯の前歯だけ、または永久歯の前歯と6歳臼歯など、部分的につけることが多くなります。


【急速拡大装置】

上顎の歯列を広げてきれいに歯を並べる装置です。ねじを回して900gから数kgの強い力で歯列の幅を広げ、歯がきれいに並ぶスペースを作ります。
マルチブラケット装置よりも早く効果が現れます。

ページ
トップへ