池袋・文京・群馬で矯正治療を行なう歯科、クリア矯正歯科グループ│外科矯正(顎変形症)

Surgical 外科矯正(顎変形症) 外科矯正(顎変形症)

顎変形症

顎変形症

『顎変形症』は、上顎または下顎のいずれか、あるいはその両方の骨格が独特な形状となり、顔貌や噛み合わせに異常をきたした症状です。出っ歯、受け口、著しい受け口、開咬(前歯が噛み合わない状態)、顎の歪み、顔の非対称、睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな症状があります。

通常の矯正治療だけでは十分な治療効果を期待できないので、外科手術で顎の骨を動かす『外科矯正治療』を行なう必要があります。

外科矯正治療とは

外科矯正治療とは

『外科矯正治療』は、外科手術を行ない、出っ歯、受け口、著しい受け口、開咬、顎の歪み、顔の非対称、睡眠時無呼吸症候群などの審美的・機能的障害を改善する治療です。下顎だけ単独で手術する場合と、上下顎両方手術する場合があります。
全身麻酔をかけて外科手術を行なう必要がありますが、治療効果が期待でき、口の中から手術を行なうため、顔などに手術の痕が残ることはありません。
外科矯正治療は、矯正治療のなかで唯一保険診療となります。


外科矯正治療のメリット

通常の矯正装置では治療できない難症例でも治療できる
口元や横顔が美しくなり、通常の矯正治療より審美面での治療効果が期待できる
保険診療なので、治療費を抑えられる


外科矯正治療のデメリット

全身麻酔をかける外科手術で、約10日の入院が必要となる
入院前に、臨床検査などのため数回の通院が必要となる
手術直後は顔が腫れたり、口があまり開かないなど、食事や会話に不自由する期間がある
保険診療は、自立支援医療機関(育成医療・更生医療)または顎口腔機能診断施設の指定を受けた医療機関(病院やクリニック)でしか行なわれない

顎変形症の治療について


顎変形症の治療の流れ

  • 精密検査・顎機能検査、診断、治療計画の立案[約2~3週間]
  • 手術の説明、臨床検査
  • 手術前の矯正治療[約1~1年半]
  • 手術・入院[約1~2週間]
  • 手術後の矯正治療[約半年~1年半]
  • 保定期間[約2年]

顎変形症の治療費

顎変形症の治療費

患者さまによって治療内容、使う装置、通院回数、手術の内容、入院期間、治療期間などが異なるので、明確な治療費の提示はできません。また、保険診療が適用される医療機関で治療を受ける場合とそうでない場合でも、治療費は異なります。
保険が適用されるのは、自立支援医療機関(育成医療・更生医療)、顎機能診断施設の指定を受けた医療機関です。これらの医療機関では、手術を含めすべての治療内容が保険診療となります。

治療費の目安は、保険が適用される医療機関で治療を受ける場合、矯正治療の費用と手術・入院の費用を合わせて約40~50万円前後となります。保険が適用されない医療機関で治療を受ける場合、すべて自己負担となるので、矯正治療の費用と手術・入院の費用を合わせて約200万円前後となります。

ページ
トップへ